担保権抹消とは

不動産7

家を売る手続きを進めた際に、忘れてはならないのが担保権抹消です。

借金にせよローンにせよ何かしらお金を借りる際には、返済する能力があることを示す為に何かしらの担保を出さなくてはならないのですが、万が一返済不可能になった時、債権者にその担保を抵当として優先的に引き渡さないといけません。

これを抵当権と言います。この抵当権は借金やローンを完済しただけでは無くならず、法務局に担保権抹消の申請を出さなければなりません。もしもこの担保権抹消の手続きを怠った場合、登記簿には効力を持たないまま記録が残り続け、第三者から見れば「借金0円」を抱えた状態と見なされることになります。

その為抵当に入れたものは売買することが出来ませんし、新しく融資を受けることも難しくなります。

必要書類が送られてきても無視しているとその有効期限が切れていたり、なくしてしまったりして後から困ることになります。さらに長年放置していると権利者の代表が交代する、会社がつぶれる、合併する、借りた側も貸した側も既に死んでいるなどの理由から権利がややこしくなり、後からどうにかしようとすると大変に手続きが難しくなることもあります。

そんなことにならないよう、速やかに担保権抹消手続きを行いましょう。

家を売る際の費用は?