家を売る際の費用は?

家家は人生で最も高額な買い物とされています。
実際数千万円なんて値段のものを購入する機会は家を除けばほとんどの人にはないでしょう。
家を引っ越す際には前に住んでいた家を売り払って新居の購入及びローンの返済に充てるわけですが、家の売買というのも立派な商取引ですからいろいろと費用がかかります。
まず家や土地も数千万円で売るわけですから、当然その分の所得税が発生します。
所得税は不動産売買によって生じた所得、譲渡所得によって決まり、譲渡所得は(売却価格-(購入価格+取得費+譲渡費用))で求められます。この計算式から分かるように、買ったときより安く売るのであれば所得税はかかりません。

もうひとつ忘れてはいけないのが担保権抹消費用です。担保権とは抵当権を意味し、借金を返済出来なくなったときに優先的に引き渡す財産として認めてもらうために設定します。

「抵当権」とは、家を購入するためのお金を金融機関から借りる際に、家や土地に設定される担保権のことです。お金を借りる人が万が一、住宅ローンが返済できなくなったときに、金融機関にお金の代わりとして提供するために設定されます。

家を手放す際は抵当権を抹消しておく必要があり、もし忘れてしまうと、書類上は家と一緒にローンが付くのと似た状態で処理されます。担保権が抹消されないうちは家の売買は出来ないので注意しましょう。

不動産の売買は必要経費が多い上、それらの経費は重要な手続きに深く関わっています。担保権抹消費用も、金額自体は家の売却価格に比べればはるかに少額ですが、支払いを忘れれば家を売ることすら出来なくなります。
担保権抹消費用に限らず、他の費用も重要な手続きに大きく関係しているので、それぞれがどんな役割を持つ手続きなのか事前にチェックしておきましょう。

Pocket

Published by